ブログ

『京友禅競技大会』

昨日、京都にある「みやこめっせ」にて、京友禅競技大会の審査員として参加してきました。

案内看板

この大会は今年で69回目を迎える大会です。
特別審査員と一般審査員が選出したもので、各賞が決められる大会となっています。
問屋、組合、小売店が審査員として多く参加している大会です。

会場の様子

手描き友禅、型染め友禅、インクジェットと色々な技法で、留袖、振袖、訪問着、小紋などの作品が展示されており、それぞれの分野から選出される様になっています。

「着物」と一言で言えば、同じ括りとして扱いがちですが、技法が変われば、かかる手間、労力、コストというのは全く異なってきます。この様に、大会を通じて作品を競っていくことは、とても素晴らしいことだと思います。より良い作品を作ろう!ということは、着物を着る人にとっては、メリットになるからです。

資本主義である日本では、競争があってはじめて成り立つものだと感じます。
企業もそうです。「競争無しに、成長は無い」と私はいつも自分自身に言い聞かせています。

それにしても、たくさんの素敵な作品を同時に短時間で見るのは、少し疲れるということが分かりました(笑)

関連記事

  1. ブログ

    『きもの新川柳』

    みなさん、こんばんは!日本和装ホールディングスの道面です。早い…

  2. ブログ

    『パールトーン』

    昨日は、京都にあるパールトーン様の本社にお邪魔しました。撥水加工の…

  3. ブログ

    『杜の都・仙台』

    暦は9月へと変わりましたね。9月といえば、何を思い浮かばれますか?…

  4. ブログ

    『自分の仕事に誇りを持つこと』

    いつの間にか暦は9月となりました。世の中の子供達は、明日から2学期…

  5. ブログ

    『謹賀新年』

    新年明けまして、おめでとうございます。遂に日本中が待ちに待った20…

  6. ブログ

    『卒業式』

    本日は、新入社員の研修課程(吉田学校)の最後にある「卒業式」でした。…

最近の記事

  1. 『杜の都・仙台』
  2. 『愛しています』
  3. 『ほめこと場』
  4. 『第6回黒紋付会&新年会』
  5. 『きもの新川柳』

カテゴリー

アーカイブ

  1. ブログ

    『愛しています』
  2. ブログ

    『作品に想いを込める』
  3. ブログ

    『Best of party』
  4. ブログ

    『OUR GOAL in 2019 日本和装』
  5. ブログ

    『手ぶらで無料の着付け体験』
PAGE TOP