ブログ

『京友禅競技大会』

昨日、京都にある「みやこめっせ」にて、京友禅競技大会の審査員として参加してきました。

案内看板

この大会は今年で69回目を迎える大会です。
特別審査員と一般審査員が選出したもので、各賞が決められる大会となっています。
問屋、組合、小売店が審査員として多く参加している大会です。

会場の様子

手描き友禅、型染め友禅、インクジェットと色々な技法で、留袖、振袖、訪問着、小紋などの作品が展示されており、それぞれの分野から選出される様になっています。

「着物」と一言で言えば、同じ括りとして扱いがちですが、技法が変われば、かかる手間、労力、コストというのは全く異なってきます。この様に、大会を通じて作品を競っていくことは、とても素晴らしいことだと思います。より良い作品を作ろう!ということは、着物を着る人にとっては、メリットになるからです。

資本主義である日本では、競争があってはじめて成り立つものだと感じます。
企業もそうです。「競争無しに、成長は無い」と私はいつも自分自身に言い聞かせています。

それにしても、たくさんの素敵な作品を同時に短時間で見るのは、少し疲れるということが分かりました(笑)

関連記事

  1. ブログ

    『一年の計は元旦にあり』

    新年明けまして、おめでとうございます。今年から、ブログを始める…

  2. ブログ

    『きもの新川柳』

    みなさん、こんばんは!日本和装ホールディングスの道面です。早い…

  3. ブログ

    『大サムライ会』

    みなさん、こんにちは。昨日は、2015年から開催している『大サムラ…

  4. ブログ

    『第二創業期の所信表明』

    ご無沙汰しております。気が付けば、2ヶ月近くブログの更新が止まって…

  5. ブログ

    『2017慰労会&2018決起大会』

    昨日は、京都のANA CROWNE PLAZAで全国の営業責任者の慰労…

  6. ブログ

    『松江』

    昨日から松江に入っています。 羽田空港からまずは、出雲空港行きに搭…

最近の記事

  1. 『第6回黒紋付会&新年会』
  2. 『きもの新川柳』
  3. 『謹賀新年』
  4. 『8人目のスター!』
  5. 『お待たせしました!』

カテゴリー

アーカイブ

  1. ブログ

    『作品に想いを込める』
  2. ブログ

    『出張のお供』
  3. ブログ

    『名刺入れ』
  4. ブログ

    『見ているドラマ』
  5. ブログ

    『第二創業期の所信表明』
PAGE TOP